年齢に合ったドッグフードを選ぼう

ドッグフードには、様々な種類がありますよね。愛犬の年齢に合わせて、ドッグフードを選んでみるといいかもしれません。そこで、老犬用と成犬用のドッグフードに違いを簡潔にまとめてみました。

ドッグフードの老犬用と成犬用の違い

老犬用のドッグフード

老犬は、顎の力が弱くなっているため、ドッグフードも粒が小さく噛み砕きやすいという特徴があります。また、弱くなった関節をサポートするグルコサミンなどの成分が入っているドッグフードが多くあります。

成犬用のドッグフード

成犬用は、栄養バランスがよく、噛み応えのあるドッグフードが多くあります。様々な種類があるので、犬種別のドッグフードを選んでみてもよいでしょう。

ドッグフードを選ぶときのポイント

ドッグフード

ドッグフードは、愛犬の年齢以外にもいくつか選ぶときのポイントを押さえておきましょう。まず覚えておきたいのが、ドライフードは1か月を目安に食べきれる量かということです。今では、お得な大容量のドライタイプのドッグフードが売っています。大容量だから、しばらくは買わなくてすむし、お得!と思って買っては大間違いです。ドライタイプでも、封を開けた時点で空気に触れ、傷みやすくなります。ドッグフードは、1か月程度で愛犬が食べきれるかどうかを見極めて購入しましょう。また、ドッグフードを選ぶときは、原料のたんぱく質に注意しましょう。ドッグフードには、主原料として、鶏肉や魚などが多く使われています。愛犬によっては、そのどれかが合わずにアレルギー反応を示してしまうことも。もし、愛犬の食後に下痢や体調不良などの様子が見られたら、ドッグフードの主原料であるたんぱく質が違うものを選びましょう。不安な点は、すぐに専門医に確認してみることをおすすめします。

カナガンドッグフードの特徴

多くの愛犬家がリピートしているのが、カナガンのドッグフードです。カナガンドッグフードは、プレミアムドッグフードで高い売上を記録したこともありました。カナガンドッグフードの大きな特徴は、穀物不使用ということです。カナガンドッグフードは、愛犬の体に負担をかけてしまいやすい穀物を一切使用していません。また、チキン味でサクサクと食感もよく、多くの愛犬の食いつきが良いと評判です。

カナガンドッグフードの安全性

カナガンドッグフードの一番の魅力は、その安全性です。原材料はイギリスで、どれも愛犬の健康と元気のために新鮮なものを利用しています。サツマイモやチキン、サーモンオイル、エンドウ豆、ニンジンなど多くの栄養が入っています。さらに、品質管理も定評があります。イギリスにある専門工場は、欧州ペットフード工業会連合の基準を合格した品質管理に優れた施設です。品質テストは、厳しい目で2回行っています。これらの徹底した品質管理により、カナガンドッグフードの安全性はペットフードの中でも上位に入ります。

広告募集中